産経フォト

ロッテ、佐々木朗が入寮 「思う存分野球できる」

スポーツ

ロッテ、佐々木朗が入寮 「思う存分野球できる」

更新 sty2001080010
寄せ書きがされたユニホームを手に自室で撮影に応じる佐々木朗希 =さいたま市の千葉ロッテマリーンズ寮(撮影・山田俊介) 寄せ書きがされたユニホームを手に自室で撮影に応じる佐々木朗希 =さいたま市の千葉ロッテマリーンズ寮(撮影・山田俊介)
入寮する佐々木朗希 =さいたま市の千葉ロッテマリーンズ寮 (撮影・山田俊介)
画像を拡大する
入寮する佐々木朗希 =さいたま市の千葉ロッテマリーンズ寮 (撮影・山田俊介)フルスクリーンで見る 閉じる

 ロッテにドラフト1位で入団した佐々木朗希投手(岩手・大船渡高)が8日、さいたま市の球団寮に入り「寮生活は初めてなので、不安な気持ちがあるが、思う存分野球ができる楽しみもある」と決意に満ちた表情で話した。

 年末年始は休まず体を動かし、11日にZOZOマリンスタジアムで始まる新人合同練習に向けて準備を重ねてきた。「どういった一年になるか分からないが、いろいろなことに慣れて、充実した一年を過ごしたい」と抱負を語った。

名札をボードにかける佐々木朗希 =さいたま市の千葉ロッテマリーンズ寮 (撮影・山田俊介)
画像を拡大する
名札をボードにかける佐々木朗希 =さいたま市の千葉ロッテマリーンズ寮 (撮影・山田俊介)フルスクリーンで見る 閉じる

 井口資仁監督の著書と筋肉の仕組みを解説した本に加え、同級生たちからのメッセージが寄せられた高校時代のユニホームを持参した。「家を出る寂しさもあって、大船渡からここまで来るのが少し早かった」と感傷的な思いをのぞかせた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング