産経フォト

ラグビーボール型賽銭箱奉納 京都・下鴨神社

ニュース

ラグビーボール型賽銭箱奉納 京都・下鴨神社

更新 sty1912240003
京都・下鴨神社境内の「糺の森」にある雑太社にラグビーボール型賽銭箱が奉納され、笑顔を見せる(手前左から)奉納者の原幸一郎さん、下鴨神社の新木直人宮司、元ラグビー日本代表の坂田好弘さん =23日午後、京都市左京区(永田直也撮影) 京都・下鴨神社境内の「糺の森」にある雑太社にラグビーボール型賽銭箱が奉納され、笑顔を見せる(手前左から)奉納者の原幸一郎さん、下鴨神社の新木直人宮司、元ラグビー日本代表の坂田好弘さん =23日午後、京都市左京区(永田直也撮影)
京都・下鴨神社境内の「糺の森」にある雑太社に奉納されたラグビーボール型賽銭箱 =23日午後、京都市左京区(永田直也撮影)
画像を拡大する
京都・下鴨神社境内の「糺の森」にある雑太社に奉納されたラグビーボール型賽銭箱 =23日午後、京都市左京区(永田直也撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 関西ラグビー発祥の地とされる下鴨神社(京都市左京区)境内の「糺(ただす)の森」にある「雑太社(さわたしゃ)」に23日、ラグビーボール形の賽銭(さいせん)箱が奉納された。

 糺の森は、明治末期に旧制三高(現・京都大)の学生が慶応義塾の学生からラグビーを習った場所として知られ、関西ラグビー発祥に由来する「第一蹴の地」の石碑が設けられている。

ラグビーボール型賽銭箱の奉納奉告祭にのぞむ元ラグビー日本代表の坂田好弘さん(左) =23日午後、京都市左京区(永田直也撮影)
画像を拡大する
ラグビーボール型賽銭箱の奉納奉告祭にのぞむ元ラグビー日本代表の坂田好弘さん(左) =23日午後、京都市左京区(永田直也撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 ラグビーボール形の賽銭箱は、クスノキをくりぬいて作られ、大きさはボールと土台部分を合わせて高さ約1メートル、幅約80センチ、奥行き約50センチ。縫い目部分なども忠実に再現した。

 考案した元ラグビー日本代表の坂田好弘さん(77)は「関西ラグビー発祥の地にシンボルを設ける夢が実現してうれしい」と話した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング