産経フォト

大絵馬「子」に掛け替え 世界遺産・熊野那智大社

伝統・文化

大絵馬「子」に掛け替え 世界遺産・熊野那智大社

更新 sty1912190004
 熊野那智大社で来年の「子」に掛け替えられた、えとの大絵馬=19日午前、和歌山県那智勝浦町  熊野那智大社で来年の「子」に掛け替えられた、えとの大絵馬=19日午前、和歌山県那智勝浦町
 熊野那智大社で来年の「子」に掛け替えられた、えとの大絵馬=19日午前、和歌山県那智勝浦町
画像を拡大する
 熊野那智大社で来年の「子」に掛け替えられた、えとの大絵馬=19日午前、和歌山県那智勝浦町フルスクリーンで見る 閉じる

 和歌山県那智勝浦町の世界遺産・熊野那智大社で19日、宝物殿の正面外壁に飾られているえとの大絵馬が「亥」から来年の「子」に掛け替えられた。

 新しい大絵馬は縦2.6メートル、横3.6メートル。大社のご神体「那智の滝」に向かって祈る親ネズミと、稲穂を食べる子ネズミを、男成洋三宮司(66)が描いた。

 男成宮司は「ネズミは繁殖力が旺盛。来年は穏やかで繁栄の年となってほしい」と願った。

 茨城県北茨城市から来た男性(71)は「水害で大変な年だった。絵馬のネズミは優しい目で私たちを温かく見守ってくれているようだ」と話していた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング