産経フォト

今航海で初の氷山 しらせ、郵便局も開設

ニュース

今航海で初の氷山 しらせ、郵便局も開設

更新 sty1912070013
 南極観測船「しらせ」から確認された氷山=7日、南極海(共同)  南極観測船「しらせ」から確認された氷山=7日、南極海(共同)
 南極観測船「しらせ」の甲板で、氷山を背に記念写真を撮る海上自衛隊の乗組員=7日、南極海(共同)
画像を拡大する
 南極観測船「しらせ」の甲板で、氷山を背に記念写真を撮る海上自衛隊の乗組員=7日、南極海(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 南極大陸を取り巻く南大洋を昭和基地に向けて進んでいる観測船「しらせ」から7日、氷山が確認された。今回の航海では初めて。この日は南緯55度を越えて南極圏に入り、慣例により船内郵便局も開設された。
 しらせは7日午前6時7分(日本時間午前8時7分)ごろに南緯55度を通過し、その約4時間後に氷山を確認した。氷山は二つの峰に分かれており、横に長い形で、ほのかに青白い。大きさは高さ70メートル、幅500メートル程度とみられる。

 南極観測船「しらせ」の船内に郵便局が開設され、記念写真に納まる海上自衛隊の乗組員ら=7日、南極海(共同)
画像を拡大する
 南極観測船「しらせ」の船内に郵便局が開設され、記念写真に納まる海上自衛隊の乗組員ら=7日、南極海(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 しらせを運航する海上自衛隊の乗組員や同乗する第61次南極観測隊員は、甲板から盛んに写真を撮影。観測隊員の樋口実佳さん(33)は「初めて氷山を見た。澄んだ水色に感動した。ついに南極が近づいてきた」とうれしそうに話した。(共同)

 

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング