産経フォト

米韓の立場「相当な差」 駐留費負担、米側は退席

ニュース

米韓の立場「相当な差」 駐留費負担、米側は退席

更新 sty1911190016
 19日、ソウルで記者会見する在韓米軍駐留費の負担割合を巡る交渉の米側代表、デハート氏(共同)  19日、ソウルで記者会見する在韓米軍駐留費の負担割合を巡る交渉の米側代表、デハート氏(共同)

 2020年以降の在韓米軍駐留費の負担割合を巡る交渉の韓国側代表、鄭恩甫氏は19日、ソウルで記者会見し、米側の提案と韓国の立場に「相当な差があることは事実だ」と認めた。協議では米側代表が日程を切り上げて退席、大幅に早く終了した。

 19日、ソウルで記者会見する在韓米軍駐留費の負担割合を巡る交渉の韓国側代表、鄭恩甫氏(共同)
画像を拡大する
 19日、ソウルで記者会見する在韓米軍駐留費の負担割合を巡る交渉の韓国側代表、鄭恩甫氏(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 米側代表のデハート氏は協議後「韓国側に再考の時間を与えるために切り上げた」と説明。「韓国側の準備ができた時に交渉を再開するのを楽しみにしている」と語り、歩み寄りを求めた。だが、米側が今年の負担額の5倍を超える増額を求めていることに対し、韓国内では反発も出ている。
 聯合ニュースは社説に当たる記事で、米側が退席したことについて「韓国内の反発感情をものともしない頑固な態度で遺憾だ」と強く批判した。(共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング