産経フォト

ジョセフ氏の続投を発表 ラグビーW杯初の8強、23年末まで

スポーツ

ジョセフ氏の続投を発表 ラグビーW杯初の8強、23年末まで

更新 sty1911180009
スコットランド戦を終え、、姫野和樹(8)らを笑顔で迎えるジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ=10月13日、日産スタジアム(松永渉平撮影) スコットランド戦を終え、、姫野和樹(8)らを笑顔で迎えるジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ=10月13日、日産スタジアム(松永渉平撮影)

 日本ラグビー協会は18日、ワールドカップ(W杯)日本大会で日本代表を8強に導いたジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ=HC=(49)と2023年末まで契約を更新すると発表した。決定は16日付で、契約期間は来年1月1日から。現在の契約期間は19年末までだった。

サモア戦にのぞむジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ=10月5日、豊田スタジアム (撮影・山田俊介)
画像を拡大する
サモア戦にのぞむジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ=10月5日、豊田スタジアム (撮影・山田俊介)フルスクリーンで見る 閉じる

 ジョセフHCは16年秋に就任。2日に閉幕したW杯で日本は1次リーグを4戦全勝で突破して初の決勝トーナメントに進み、準々決勝では南アフリカに敗れた。日本協会はベスト8に導いた手腕を高く評価。継続強化に向けて10月下旬に続投要請することを決め、交渉を進めていた。
 ニュージーランド出身のジョセフHCは選手としてニュージーランドと日本の代表経験を持ち、指導者に転身後は、15年に世界最高峰リーグ、スーパーラグビーのハイランダーズ(ニュージーランド)を指揮して優勝を果たした。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング