産経フォト

和歌山に民間ロケット場 21年度運用開始へ起工式

ニュース

和歌山に民間ロケット場 21年度運用開始へ起工式

更新 sty1911160008
 和歌山県串本町のロケット発射場の運用時のイメージ(スペースワン社提供)  和歌山県串本町のロケット発射場の運用時のイメージ(スペースワン社提供)
 和歌山県串本町に整備されるロケット発射場のイメージ(スペースワン社提供)
画像を拡大する
 和歌山県串本町に整備されるロケット発射場のイメージ(スペースワン社提供)フルスクリーンで見る 閉じる

 和歌山県串本町で16日、東京の宇宙事業会社「スペースワン」が日本初となる民間ロケット発射場の起工式を開いた。目標とする2021年度の運用開始に向けて、同社や町の関係者らが集まり工事が順調に進むよう祈願した。

 起工式に出席したスペースワンの太田信一郎社長=16日、和歌山県串本町
画像を拡大する
 起工式に出席したスペースワンの太田信一郎社長=16日、和歌山県串本町フルスクリーンで見る 閉じる

 キヤノン電子や清水建設などが設立したスペースワンは、串本町田原地区の敷地約15ヘクタールに、ロケットの発射台や組み立て棟などを整備する方針だ。発射場の名称は、紀伊半島が宇宙輸送サービスの鍵となるよう「スペースポート紀伊」とした。

 設計を進めているロケットは、高さ約18メートル、重さ約23トン。20年代半ばに年間20回の打ち上げが計画されている。

 県は、建設投資や完成後の観光客増などにより、10年間で計約670億円の経済効果を見込む。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング