産経フォト

宇野、男子SP4位、フランス杯 

スポーツ

宇野、男子SP4位、フランス杯 

更新 sty1911020008
 男子シングルSPで4位の宇野昌磨=グルノーブル(共同)  男子シングルSPで4位の宇野昌磨=グルノーブル(共同)
 男子SPで4位に入った宇野昌磨の演技=グルノーブル(AP)
画像を拡大する
 男子SPで4位に入った宇野昌磨の演技=グルノーブル(AP)フルスクリーンで見る 閉じる

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦、フランス杯第1日は1日、フランスのグルノーブルで行われ、男子ショートプログラム(SP)は2018年平昌冬季五輪銀メダリストで今季GP初戦の宇野昌磨(トヨタ自動車)がジャンプで2度転倒し、79・05点で4位となった。
 世界選手権2連覇中で第1戦のスケートアメリカ覇者のネーサン・チェン(米国)が102・48点で首位。両親が日本人で昨季の世界ジュニア選手権王者の樋渡知樹(米国)は10位と出遅れた。
 女子SPは樋口新葉(明大)が64・78点で5位、坂本花織(シスメックス)が64・08点で6位、白岩優奈(関大KFSC)が63・12点で7位。シニアGPデビューで16歳のアリョーナ・コストルナヤ(ロシア)が76・55点でトップに立ち、平昌五輪女王のアリーナ・ザギトワ(ロシア)が74・24点で2位につけた。(共同)

 女子SPで5位の樋口新葉=グルノーブル(AP)
画像を拡大する
 女子SPで5位の樋口新葉=グルノーブル(AP)フルスクリーンで見る 閉じる
 女子SPで6位の坂本花織=グルノーブル(AP)
画像を拡大する
 女子SPで6位の坂本花織=グルノーブル(AP)フルスクリーンで見る 閉じる
 女子SPで7位の白岩優奈=グルノーブル(AP)
画像を拡大する
 女子SPで7位の白岩優奈=グルノーブル(AP)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング