産経フォト

メダルのデザイン公表 ラグビーW杯日本大会

スポーツ

メダルのデザイン公表 ラグビーW杯日本大会

更新 sty1910290006
 ラグビーW杯日本大会の(左から)銀、金、銅の各メダル。裏面には桜などが描かれている  ラグビーW杯日本大会の(左から)銀、金、銅の各メダル。裏面には桜などが描かれている
 ラグビーW杯日本大会の金メダル。表面には優勝杯「ウェブ・エリス・カップ」などが描かれている
画像を拡大する
 ラグビーW杯日本大会の金メダル。表面には優勝杯「ウェブ・エリス・カップ」などが描かれているフルスクリーンで見る 閉じる

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会組織委員会と国際統括団体ワールドラグビーは29日、決勝、3位決定戦で授与されるメダルのデザインを公表した。

 人間国宝の工芸家、吉田美統氏がデザインした。表の面には富士山などの図柄と優勝杯「ウェブ・エリス・カップ」、裏面には桜や日の出、大会ロゴなどを組み合わせた図柄が描かれた。紫色のリボンは、試合会場の熊本、埼玉、岩手で生産された絹糸の組みひもが使用された。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング