産経フォト

御嶽海「12番取りたい」 大関昇進狙う九州場所へ

スポーツ

御嶽海「12番取りたい」 大関昇進狙う九州場所へ

更新 sty1910280009
 大相撲九州場所の番付表を手に笑顔の御嶽海=28日、福岡県新宮町の出羽海部屋宿舎  大相撲九州場所の番付表を手に笑顔の御嶽海=28日、福岡県新宮町の出羽海部屋宿舎
 大相撲九州場所の番付表を手にする御嶽海=28日、福岡県新宮町の出羽海部屋宿舎
画像を拡大する
 大相撲九州場所の番付表を手にする御嶽海=28日、福岡県新宮町の出羽海部屋宿舎フルスクリーンで見る 閉じる

 大相撲九州場所(11月10日初日・福岡国際センター)の新番付が発表された28日、9月の秋場所で2度目の優勝を果たし、今場所での大関昇進を狙う東関脇の御嶽海(長野県出身、出羽海部屋)が、福岡県新宮町の出羽海部屋で記者会見し「10勝は絶対条件。先場所と同じ12番を取れるようにしたい」と意気込んだ。

 先場所は12勝3敗で迎えた優勝決定戦で貴景勝を下し、昨年名古屋場所以来2度目の賜杯を抱いた。三役在位は連続17場所。今場所12勝なら大関昇進の目安となる直近3場所合計33勝に届くが「(大関に)一番近くて、一番遠いんじゃないか」と謙虚に話す。

 今月の台風19号により、故郷の長野県が甚大な被害を受けた。知人も多く被災したといい「勝っている姿を見せて元気になってもらえれば」と決意を語った。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング