産経フォト

川野が日本新で五輪代表に 全日本50キロ競歩高畠大会

スポーツ

川野が日本新で五輪代表に 全日本50キロ競歩高畠大会

更新 sty1910270007
 男子50キロ競歩で3時間36分45秒の日本新記録で初優勝、ゴールする川野将虎=山形県高畠町  男子50キロ競歩で3時間36分45秒の日本新記録で初優勝、ゴールする川野将虎=山形県高畠町
 男子50キロ競歩を日本新で制し、ボードを掲げて喜ぶ川野将虎=山形県高畠町
画像を拡大する
 男子50キロ競歩を日本新で制し、ボードを掲げて喜ぶ川野将虎=山形県高畠町フルスクリーンで見る 閉じる

 陸上の全日本50キロ競歩高畠大会が27日、山形県高畠町で行われ、男子は21歳の川野将虎(東洋大)が3時間36分45秒の日本新記録で優勝した。日本陸連が設定した派遣設定記録(3時間45分0秒)を満たし、東京五輪代表に決まった。

 同種目の代表は世界選手権で金メダルを獲得した鈴木雄介(富士通)に続いて2人目。(記録は速報値)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング