産経フォト

小平が500メートル10度目V 全日本距離別スケート

スポーツ

小平が500メートル10度目V 全日本距離別スケート

更新 sty1910250014
 女子500メートル 37秒66で優勝した小平奈緒=YSアリーナ八戸  女子500メートル 37秒66で優勝した小平奈緒=YSアリーナ八戸
 女子500メートルで5年連続10度目の優勝を果たした小平奈緒(中央)。左は2位の高木美帆、右は3位の辻麻希=YSアリーナ八戸
画像を拡大する
 女子500メートルで5年連続10度目の優勝を果たした小平奈緒(中央)。左は2位の高木美帆、右は3位の辻麻希=YSアリーナ八戸フルスクリーンで見る 閉じる

 スピードスケートの全日本距離別選手権は25日、青森県に新設されたYSアリーナ八戸で開幕し、女子500メートルは昨年の平昌冬季五輪を制した33歳、小平奈緒(相沢病院)が37秒66で圧勝した。5年連続10度目の優勝。高木美帆(日体大助手)が38秒37で2位、辻麻希(開西病院)が38秒44で3位だった。

 女子3000メートル 4分11秒67で4連覇を果たした高木美帆=YSアリーナ八戸
画像を拡大する
 女子3000メートル 4分11秒67で4連覇を果たした高木美帆=YSアリーナ八戸フルスクリーンで見る 閉じる

 女子3000メートルは高木美が4分11秒67で4連覇を果たした。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング