産経フォト

移転開催時は東京で表彰式 IOC幹部、小池氏に方針

スポーツ

移転開催時は東京で表彰式 IOC幹部、小池氏に方針

更新 sty1910250013
IOCのジョン・コーツ調整委員長(右)と会談、握手する小池百合子東京都知事=25日午後、新宿区の東京都庁(桐山弘太撮影) IOCのジョン・コーツ調整委員長(右)と会談、握手する小池百合子東京都知事=25日午後、新宿区の東京都庁(桐山弘太撮影)

 国際オリンピック委員会(IOC)のジョン・コーツ調整委員長は25日、東京都庁を訪れて小池百合子知事と会談し、2020年東京五輪のマラソンと競歩の札幌移転案を説明して理解を求めた上で、移転開催となった場合は表彰式を東京で実施する意向を伝えた。

IOCのジョン・コーツ調整委員長(左から2人目)らと会談した小池百合子東京都知事=25日午後、新宿区の東京都庁(桐山弘太撮影)
画像を拡大する
IOCのジョン・コーツ調整委員長(左から2人目)らと会談した小池百合子東京都知事=25日午後、新宿区の東京都庁(桐山弘太撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 小池知事は「これまで準備を重ねてきたので、東京でという気持ちに変わりはない」と反発しており、30日からのIOC調整委員会で東京開催の優位性を主張する方針を示している。
 小池知事は会談に先立つ定例記者会見で、仮に札幌開催になった場合は移転に関わる費用を都が負担する考えはないと強調。これまで進めてきた路面の遮熱性舗装の整備費などに関しては補償問題に発展する可能性を示唆し「法的に分析する必要がある。都民が納得する説明が必要だ」と述べた。

 

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング