産経フォト

阿部、19年の現役生活に幕 相手ナインからも胴上げ

スポーツ

阿部、19年の現役生活に幕 相手ナインからも胴上げ

更新 sty1910230019
ソフトバンクの選手らに胴上げされる巨人・阿部慎之助 =23日、東京ドーム(撮影・村本聡) ソフトバンクの選手らに胴上げされる巨人・阿部慎之助 =23日、東京ドーム(撮影・村本聡)
ソフトバンク・王貞治会長と握手を交わす巨人・阿部慎之助 =23日、東京ドーム(撮影・村本聡)
画像を拡大する
ソフトバンク・王貞治会長と握手を交わす巨人・阿部慎之助 =23日、東京ドーム(撮影・村本聡)フルスクリーンで見る 閉じる

 今季限りで現役引退を表明して日本シリーズに臨んだ巨人の阿部慎之助捕手(40)が23日、19年間の現役生活を終えた。2-3の六回2死一塁で代打として出場して死球。八回の打席で二ゴロに倒れると東京ドームに詰め掛けたファンから温かい拍手が送られた。

 巨人一筋でプレーしてきた。4連敗で終わった日本シリーズの表彰式が終わると、右翼席に陣取るファンに向けて帽子を取ってあいさつ。「シンノスケ」コールが球場内に響く中、そのままナインに胴上げされて感無量の表情を浮かべた。背番号にちなんで10度、宙を舞った。

 試合終了から約1時間後には、多くの観客が残る中、真剣勝負を繰り広げたソフトバンクの選手らからもねぎらわれた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング