産経フォト

「本当に心が痛い」 京アニ社長が記者会見

ニュース

「本当に心が痛い」 京アニ社長が記者会見

更新 sty1910180007
記者会見で悲痛な表情を見せる八田英明・京都アニメーション社長 =18日午後、京都市下京区の京都経済センター(永田直也撮影) 記者会見で悲痛な表情を見せる八田英明・京都アニメーション社長 =18日午後、京都市下京区の京都経済センター(永田直也撮影)
記者会見にのぞむ八田英明・京都アニメーション社長 =18日午後、京都市下京区の京都経済センター(永田直也撮影)
画像を拡大する
記者会見にのぞむ八田英明・京都アニメーション社長 =18日午後、京都市下京区の京都経済センター(永田直也撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオの放火殺人事件で、発生から3カ月を迎えた18日、同社の八田英明社長が京都市内で記者会見し「本当に心が痛い。この3カ月、遺族の気持ちに添ってきた」と述べた。

記者会見に臨む(左から)八田英明・京都アニメーション社長、高島龍平・同総務室長、田大介・代理人弁護士=18日午後2時7分、京都市下京区の京都経済センター(鳥越瑞絵撮影)
画像を拡大する
記者会見に臨む(左から)八田英明・京都アニメーション社長、高島龍平・同総務室長、田大介・代理人弁護士=18日午後2時7分、京都市下京区の京都経済センター(鳥越瑞絵撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 京アニは、事件で負傷した社員33人のうち27人が既に職場復帰したと説明。医療機関と連携しながら精神面のケアに努めているという。京都府警によると、現在も4人が入院している。現場となった第1スタジオは、調整がつき次第、取り壊す予定だと明らかにした。跡地の利用方法は決まっておらず、関係者と協議する。

 放火殺人事件から3カ月となった「京都アニメーション」第1スタジオ=18日午前、京都市伏見区
画像を拡大する
 放火殺人事件から3カ月となった「京都アニメーション」第1スタジオ=18日午前、京都市伏見区フルスクリーンで見る 閉じる

 京都府によると、府などが設置した口座に寄せられた義援金は、京アニ口座からの移管分を合わせ、今月15日時点で計約29億1546万円に上っている。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング