産経フォト

多摩川、荒川で氾濫危険水位 関東地整局「危険な状態が迫っている」

ニュース

多摩川、荒川で氾濫危険水位 関東地整局「危険な状態が迫っている」

更新 sty1910120014
台風19号の影響で、氾濫危険水位に達した多摩川=12日午後、東京都大田区(佐藤徳昭撮影) 台風19号の影響で、氾濫危険水位に達した多摩川=12日午後、東京都大田区(佐藤徳昭撮影)
 台風19号の影響で、荒川と中川にかかる葛西橋を通行止めにする警察=12日午後、東京都江戸川区
画像を拡大する
 台風19号の影響で、荒川と中川にかかる葛西橋を通行止めにする警察=12日午後、東京都江戸川区フルスクリーンで見る 閉じる

 国土交通省関東地方整備局は12日夕、さいたま市で記者会見し「荒川や多摩川で氾濫危険水位に到達している地点がある。避難勧告など自治体の情報に注視し、身を守る行動を取ってほしい」と呼び掛けた。
 会見した高畑栄治河川調査官は「荒川や多摩川の上流部では総雨量が過去にないレベルになる可能性がある。下流部でさらに水位が上昇する恐れがあり、危険な状態が迫っている」と述べた。同局などのホームページで水位の変化を確認してほしいとしている。

 台風19号の影響で増水した多摩川付近に集まった消防隊員=12日午後、東京都大田区
画像を拡大する
 台風19号の影響で増水した多摩川付近に集まった消防隊員=12日午後、東京都大田区フルスクリーンで見る 閉じる

 台風が過ぎ去った後も河川の増水はしばらく続くとして、むやみに近づかないよう求めた。 一方、荒川水系の二瀬ダム(埼玉県秩父市)では12日午後8時ごろから、利根川水系の下久保ダム(同県神川町)では13日午前1時ごろから、それぞれ下流に流す水量を増やす可能性があるという。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング