産経フォト

鈴木、東京五輪「50キロで」 世界陸上メダリスト会見

スポーツ

鈴木、東京五輪「50キロで」 世界陸上メダリスト会見

更新 sty1910080007
 記者会見でポーズをとる(左から)男子20キロ競歩で金メダルの山西利和、男子50キロ競歩で金メダルの鈴木雄介、男子400メートルリレーで銅メダルの多田修平、白石黄良々、桐生祥秀=8日午前、東京都内  記者会見でポーズをとる(左から)男子20キロ競歩で金メダルの山西利和、男子50キロ競歩で金メダルの鈴木雄介、男子400メートルリレーで銅メダルの多田修平、白石黄良々、桐生祥秀=8日午前、東京都内
 記者会見する男子50キロ競歩で金メダルの鈴木雄介=8日午前、東京都内
画像を拡大する
 記者会見する男子50キロ競歩で金メダルの鈴木雄介=8日午前、東京都内フルスクリーンで見る 閉じる

 陸上の世界選手権(ドーハ)でメダルを獲得した日本代表選手が8日、東京都内で記者会見し、男子50キロ競歩で優勝して東京五輪代表に決まった鈴木雄介(富士通)は「素直にうれしい」と改めて喜びを語った。レース直後は世界記録を持つ20キロでの五輪出場にも意欲を見せたが「50キロで気持ちはほぼ固まっている」と方向性を示した。

 男子20キロ競歩で世界一となった山西利和(愛知製鋼)は「東京五輪に気持ちを新たにしたい」と大舞台を見据えた。

 記者会見する男子20キロ競歩で金メダルの山西利和=8日午前、東京都内
画像を拡大する
 記者会見する男子20キロ競歩で金メダルの山西利和=8日午前、東京都内フルスクリーンで見る 閉じる

 男子400メートルリレーはアジア新記録で銅メダル。金メダルを目指す東京五輪へ桐生祥秀(日本生命)は「(今大会の優勝タイム)37秒10以上じゃないと取れない」と気を引き締めた。

 

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング