産経フォト

日本が3連勝、ラストプレーでボーナスポイント獲得 ラグビーW杯

スポーツ

日本が3連勝、ラストプレーでボーナスポイント獲得 ラグビーW杯

更新 sty1910050014
試合終了前ラストワンプレーでボーナスポイントを獲得!。松島幸太朗(中央右)のトライを喜び合う日本フィフティーン(36-19)=豊田スタジアム(撮影・蔵賢斗) 試合終了前ラストワンプレーでボーナスポイントを獲得!。松島幸太朗(中央右)のトライを喜び合う日本フィフティーン(36-19)=豊田スタジアム(撮影・蔵賢斗)
前半、トライを決める日本のラファエレ・ティモシー(14-6)=豊田スタジアム (撮影・山田俊介)
画像を拡大する
前半、トライを決める日本のラファエレ・ティモシー(14-6)=豊田スタジアム (撮影・山田俊介)フルスクリーンで見る 閉じる

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で世界ランキング8位の日本は5日、愛知県豊田市の豊田スタジアムで行われた1次リーグA組の第3戦で同15位のサモアを38-19で破り無傷の3連勝。ボーナスポイントも獲得し、勝ち点を同組トップの14に伸ばした。史上初の8強入りに大きく前進。13日の最終戦で世界9位のスコットランドと対戦する。

前半、トライを決める日本のラファエレ・ティモシー=豊田スタジアム(撮影・門井聡)
画像を拡大する
前半、トライを決める日本のラファエレ・ティモシー=豊田スタジアム(撮影・門井聡)フルスクリーンで見る 閉じる

 日本は田村優の正確なPGで点を重ね、27分にラファエレ・ティモシーがゴール左に飛び込んでトライ。前半を16-9で折り返すと、後半13分に姫野和樹、35分に福岡堅樹がトライを決め、31ー19とサモアを突き放した。
 日本はボーナスポイント獲得に向けて、4個目のトライを狙う。そして、その時は劇的な形で訪れた。試合終了前最後のワンプレー。日本は中央のスクラムを押し込んで、姫野が左へサイドアタック。途中出場の田中史朗の素早いパス出しから、松島が左から鋭く切り込んで鮮やかにトライを決めた。スタンドは総立ちとなり大歓声。田村優が難しい角度からのコンバージョンゴールを決めてノーサイドとなると、選手らはファンと喜びを分かち合った。

後半、モールからのトライを決める日本の姫野和樹(中央)24-12=豊田スタジアム(撮影・松永渉平)
画像を拡大する
後半、モールからのトライを決める日本の姫野和樹(中央)24-12=豊田スタジアム(撮影・松永渉平)フルスクリーンで見る 閉じる
後半、トライを決め、リーチ・マイケルに祝福される姫野和樹=豊田スタジアム(撮影・松永渉平)
画像を拡大する
後半、トライを決め、リーチ・マイケルに祝福される姫野和樹=豊田スタジアム(撮影・松永渉平)フルスクリーンで見る 閉じる
後半、右サイドを突破し、トライを決める日本の福岡堅樹(31-19)=豊田スタジアム(撮影・松永渉平)
画像を拡大する
後半、右サイドを突破し、トライを決める日本の福岡堅樹(31-19)=豊田スタジアム(撮影・松永渉平)フルスクリーンで見る 閉じる
後半、トライを決める福岡堅樹(31-19)=豊田スタジアム(撮影・蔵賢斗)
画像を拡大する
後半、トライを決める福岡堅樹(31-19)=豊田スタジアム(撮影・蔵賢斗)フルスクリーンで見る 閉じる
後半終了間際、トライを決める日本の松島幸太朗(36-19)=豊田スタジアム(撮影・松永渉平)
画像を拡大する
後半終了間際、トライを決める日本の松島幸太朗(36-19)=豊田スタジアム(撮影・松永渉平)フルスクリーンで見る 閉じる
後半、トライを決める松島幸太朗=豊田スタジアム (撮影・山田俊介)
画像を拡大する
後半、トライを決める松島幸太朗=豊田スタジアム (撮影・山田俊介)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング