産経フォト

渋野日向子「まるで、米国にいるようでした」 日本女子オープン

スポーツ

渋野日向子「まるで、米国にいるようでした」 日本女子オープン

更新 sty1910040010
11番でショットを放つ渋野日向子=白山ヴィレッジGC(撮影・中島信生)  11番でショットを放つ渋野日向子=白山ヴィレッジGC(撮影・中島信生) 
スタートホールでバーディーを奪った渋野日向子=白山ヴィレッジGC(撮影・中島信生)
画像を拡大する
スタートホールでバーディーを奪った渋野日向子=白山ヴィレッジGC(撮影・中島信生)フルスクリーンで見る 閉じる

 日本女子オープン選手権は4日、三重県白山ヴィレッジGCクイーンC(6479ヤード、パー72)で第2ラウンドが行われ、首位と3打差の7位で出た渋野日向子(20)=RSK山陽放送=は5バーディー、3ボギーの70で回り、通算7アンダーとした。
 渋野は前半を2バーディー、2ボギーのパープレーで折り返し、後半は4番(パー4)をボギーとしたが、6番(パー5)から3連続バーディーを奪った。

 渋野と同組で3度目の大会制覇を目指す畑岡奈紗(20)=森ビル=は5バーディー、ボギーなしの67で回り、通算10アンダーと順調に伸ばした。

「米ツアーに行きたいと思うようになった」

同組でラウンドした畑岡奈紗(左)と渋野日向子=白山ヴィレッジGC(撮影・中島信生)
画像を拡大する
同組でラウンドした畑岡奈紗(左)と渋野日向子=白山ヴィレッジGC(撮影・中島信生)フルスクリーンで見る 閉じる

 この2日間、米ツアーを主戦場とする元世界ランキング1位の柳簫然(ユ・ソヨン)=韓国=、畑岡奈紗とのラウンド。英語が飛び交い、「まるで、米国にいるようでした」と渋野。柳から何度か英語で話しかけられたが、簡単な質問しか答えられず、英語力不足を実感すると同時に、2人のゴルフの技術にも舌を巻いた。
 米ツアーへの指向は以前と比べ格段に強まったようだ。AIG全英女子オープンを制した8月当初は、「米ツアーには興味がない」などと話していたが、次第に興味が湧いてきた様子だ。この日、渋野は「今すぐにではないですが、近い将来、米ツアーに行きたいと思うようになってきた。海外ツアーで自分を強くしたい。英語でコミュニケーションが取れたらいい」と初めて意欲を語った。

スタートホールでバーディーを奪った渋野日向子=白山ヴィレッジGC(撮影・中島信生)
画像を拡大する
スタートホールでバーディーを奪った渋野日向子=白山ヴィレッジGC(撮影・中島信生)フルスクリーンで見る 閉じる
18番でユ・ソヨンと話しながらセカンド地点へ向かう渋野日向子=白山ヴィレッジGC(撮影・中島信生)
画像を拡大する
18番でユ・ソヨンと話しながらセカンド地点へ向かう渋野日向子=白山ヴィレッジGC(撮影・中島信生)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング