産経フォト

大嘗祭で使用のコメ収穫 栃木と京都、斎田抜穂の儀

ニュース

大嘗祭で使用のコメ収穫 栃木と京都、斎田抜穂の儀

更新 sty1909270003
大嘗祭で使う米が収穫された「斎田抜穂の儀」 =27日午前、京都府南丹市(永田直也撮影) 大嘗祭で使う米が収穫された「斎田抜穂の儀」 =27日午前、京都府南丹市(永田直也撮影)

 天皇陛下の皇位継承に伴う重要祭祀「大嘗祭」で使うコメを収穫する「斎田抜穂の儀」が27日、栃木県高根沢町と京都府南丹市の斎田で行われた。

 「斎田抜穂の儀」でコメを収穫する石塚毅男さん(左端)=27日午前、栃木県高根沢町
画像を拡大する
 「斎田抜穂の儀」でコメを収穫する石塚毅男さん(左端)=27日午前、栃木県高根沢町フルスクリーンで見る 閉じる

 栃木の「悠紀田」のそばに設けられた式場では、陛下の使いの抜穂使が祝詞を上げた後、大田主と呼ばれる斎田の耕作者、石塚毅男さん(55)が黄色に白を重ねた装束で斎田に入り、鎌で手際よく稲を刈り取った。銘柄は「とちぎの星」。稲は抜穂使が確認し、石塚さんが式場に設けられた「稲実殿」に置いた。

 京都の「主基田」でも同様に、大田主の中川久夫さん(75)が「キヌヒカリ」の稲を刈り取り、稲実殿に納めた。

 二つの田から精米180キロと玄米7.5キロがそれぞれ納められ、宮内庁が買い取る。

 儀式を終えた石塚さんは「ほっとしている。いつもより気持ちを込めて刈り取った」と笑顔を見せた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング