産経フォト

ベッドの硬さ、調整できます フレームは段ボール 東京五輪パラ、選手村の寝具を披露

スポーツ

ベッドの硬さ、調整できます フレームは段ボール 東京五輪パラ、選手村の寝具を披露

更新 sty1909240007
 東京五輪・パラリンピック組織委と寝具メーカー「エアウィーヴ」が披露した、選手村で使用する寝具一式=24日、東京都内  東京五輪・パラリンピック組織委と寝具メーカー「エアウィーヴ」が披露した、選手村で使用する寝具一式=24日、東京都内

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会と寝具メーカー「エアウィーヴ」は24日、選手村で使う寝具一式を東京都内で披露した。ベッドフレームや掛け布団、枕などで、マットレスは肩、腰、脚の部分ごとに3分割し、選手が体形に合わせて3段階で硬さを変えられるのが特長という。

 東京五輪・パラリンピックの選手村で使用する段ボール製ベッドフレームを見せるエアウィーヴの高岡本州会長兼社長=24日、東京都内
画像を拡大する
 東京五輪・パラリンピックの選手村で使用する段ボール製ベッドフレームを見せるエアウィーヴの高岡本州会長兼社長=24日、東京都内フルスクリーンで見る 閉じる

 資源の持続可能性に配慮してベッドフレームは段ボールで作り、マットレスもポリエチレン製で大会終了後にプラスチック製品などに再利用可能。掛け布団は発汗量の多いアスリートに配慮して吸湿性を高めた。
 エアウィーヴは組織委の「オフィシャルパートナー」。記者会見した同社の高岡本州会長兼社長は「眠りは翌日のパフォーマンスを決める。選手村の寝具を作らせていただき光栄だ」と述べた。マットレスの硬さ調整は選手一人一人に何らかの形でアドバイスする考えも示した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング