産経フォト

インドで「日本酒の夕べ」 10蔵元PR、300人参加

イベント・祭典

インドで「日本酒の夕べ」 10蔵元PR、300人参加

更新 sty1909050004
 4日、インド・ニューデリーで開かれた「日本酒の夕べ」で説明を聞く参加者(共同)  4日、インド・ニューデリーで開かれた「日本酒の夕べ」で説明を聞く参加者(共同)
 4日、インド・ニューデリーで開かれた「日本酒の夕べ」で、鏡開きをする平松賢司駐インド大使(右端)ら(共同)
画像を拡大する
 4日、インド・ニューデリーで開かれた「日本酒の夕べ」で、鏡開きをする平松賢司駐インド大使(右端)ら(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 インドで日本酒を広めようと、在インド日本大使館が4日、首都ニューデリーの大使公邸で蔵元10社の商品を紹介するイベント「日本酒の夕べ」を開いた。インドのホテルやレストランの業界関係者ら約300人が参加し、作り方や味わい方について熱心に質問していた。

 インドでは日本酒へのなじみが薄く、提供する飲食店も少ない。会場を訪れたコンサルタント会社社員スボディープ・ナグさんは「輸送時の温度管理が難しく関税も高いため、品質維持や価格が課題」と説明。「私もファンだし、都市部では需要も高い。課題が解決されれば売れるはずだ」と潜在性を指摘した。

 4日、インド・ニューデリーで開かれた「日本酒の夕べ」で、蔵元関係者(右)と乾杯する参加者ら(共同)
画像を拡大する
 4日、インド・ニューデリーで開かれた「日本酒の夕べ」で、蔵元関係者(右)と乾杯する参加者ら(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 試飲用の日本酒を振る舞っていた神戸酒心館(神戸市)の安福武之助社長は「人口が13億を超えるインドには将来性がある。次のマーケットとして期待している」と話した。

 イベントは大使館主催で2017年から続けており、今回が3回目。(ニューデリー共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング