産経フォト

「令和コスタ行橋駅」開業 平成筑豊鉄道、利用者増を狙う

鉄道

「令和コスタ行橋駅」開業 平成筑豊鉄道、利用者増を狙う

更新 sty1908240012
 平成筑豊鉄道が福岡県行橋市に開業した「令和コスタ行橋駅」=24日午後  平成筑豊鉄道が福岡県行橋市に開業した「令和コスタ行橋駅」=24日午後
 平成筑豊鉄道が福岡県行橋市に開業した「令和コスタ行橋駅」。右は観光列車「ことこと列車」=24日午後
画像を拡大する
 平成筑豊鉄道が福岡県行橋市に開業した「令和コスタ行橋駅」。右は観光列車「ことこと列車」=24日午後フルスクリーンで見る 閉じる

 福岡県の第三セクター、平成筑豊鉄道(同県福智町)は24日、同県行橋市の田川線行橋-美夜古泉間に新駅「令和コスタ行橋駅」を開業した。同社によると、令和になって初めての鉄道駅新設となり、令和が付いた駅名が誕生したのも初めて。

 平成筑豊鉄道が福岡県行橋市に開業した「令和コスタ行橋駅」=24日午後
画像を拡大する
 平成筑豊鉄道が福岡県行橋市に開業した「令和コスタ行橋駅」=24日午後フルスクリーンで見る 閉じる

 元号の「平成」を社名に冠した同社は、新時代も利用者に愛される鉄道にしたいとの思いを込めて新駅名に「令和」を採用。隣接する大型商業施設「コスタ行橋」の名称を組み合わせて買い物客らにアピールし、列車の利用者増を目指す。

 同社は経常損益が赤字に陥っており、河合賢一社長(48)は開業式典で「一人でも多くの方に利用してもらい経営改善につなげたい」と話した。

 平成筑豊鉄道は令和コスタ行橋駅を1日当たり250人程度が利用し、年間約1200万円の増収効果が出ると見込む。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング