産経フォト

韓国経済不安定化を懸念 政府・与党が対応協議

ニュース

韓国経済不安定化を懸念 政府・与党が対応協議

更新 sty1908130005
 13日、ソウル中心部で開かれた日本の輸出規制措置の撤回や安倍政権を批判する集会の参加者(共同)  13日、ソウル中心部で開かれた日本の輸出規制措置の撤回や安倍政権を批判する集会の参加者(共同)
 13日、ソウルで開かれた日本の輸出規制強化の対応策を話し合う合同会議で発言する金尚祚大統領政策室長(右端)(聯合=共同)
画像を拡大する
 13日、ソウルで開かれた日本の輸出規制強化の対応策を話し合う合同会議で発言する金尚祚大統領政策室長(右端)(聯合=共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 韓国政府と与党「共に民主党」は13日、日本の輸出規制強化の対応策を話し合う合同会議を国会で開いた。金尚祚大統領政策室長は冒頭で、日本の措置が「韓国経済に大きな不確実性を与える」と懸念を表明。来年度予算を大幅に拡充し、日本製の原材料に依存する国内産業の自立を促す方針を確認した。
 金氏は、日本の輸出規制強化により市場が動揺することで「間接的な被害が大きくなる可能性がある」と指摘。経済を安定化させるため、韓国内の素材・部品産業に投入する予算を増やす考えを明らかにした。(共同)

 13日、ソウル中心部で開かれた日本の輸出規制措置の撤回や安倍政権を批判する集会の参加者(共同)
画像を拡大する
 13日、ソウル中心部で開かれた日本の輸出規制措置の撤回や安倍政権を批判する集会の参加者(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 聯合ニュースによると、共に民主党はこの会議に先立ち、日本の輸出規制強化に対応する来年度予算を2兆ウォン(約1700億円)以上にするよう政府に要求。直近の1~2年で重点的に予算を投入するのが「効率的だ」と伝えたという。
 ソウルの中心部では13日も日本の輸出規制措置の撤回や安倍政権を批判する集会が開かれた。

 

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング