産経フォト

超大型台風、西日本直撃へ 猛烈な風雨、早めの避難を

ニュース

超大型台風、西日本直撃へ 猛烈な風雨、早めの避難を

更新 sty1908130004
 台風10号の影響で、宮崎市の海岸に打ち寄せる荒波=13日午後  台風10号の影響で、宮崎市の海岸に打ち寄せる荒波=13日午後

 超大型の台風10号(クローサ)は西日本の南の海上を北寄りに進み、お盆期間の14~15日にかけて暴風域を伴って西日本に接近・上陸する恐れがある。台風の接近・通過による総降水量は西日本から東日本太平洋側の南東斜面を中心に多い地域で千ミリを超える見通しだ。気象庁は13日午後の臨時記者会見で土砂災害や浸水、河川の増水・氾濫に厳重な警戒を呼び掛けた。お盆休みのUターンラッシュと重なり、交通機関に影響が出る恐れもある。

 台風10号は13日午後3時現在、鹿児島・種子島の南東約490キロを時速約15キロで西北西に進んだ。中心気圧は965ヘクトパスカル、最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートルで中心から半径330キロ以内は風速25メートル以上の暴風域。また中心の南側1100キロ以内と北側600キロ以内は風速15メートル以上の強風域。

「超大型」上陸は過去1回

 気象庁によると、仮に超大型のまま上陸すれば1府5県で死者8人を出した2017年の台風21号以来で、1977年の統計開始以来2例目。猛烈な風や雨による災害に備え、山や海、川に近い地域は早めの避難が必要だ。

 台風10号の影響で、宮崎市の海岸に打ち寄せる荒波=13日午後
画像を拡大する
 台風10号の影響で、宮崎市の海岸に打ち寄せる荒波=13日午後フルスクリーンで見る 閉じる

 台風の大きさは風速15メートル以上の強風域の半径で決まる。500キロ以上800キロ未満は「大型(大きい)」、台風10号のように800キロ以上になると「超大型(非常に大きい)」と表現する。
 また台風の強さは最大風速33メートル以上44メートル未満で「強い」、44メートル以上54メートル未満で「非常に強い」、54メートル以上で「猛烈な」と表現する。強さが中心気圧などではなく風速で決まるのは、風の強さが被害に直結するためだ。風速は10分間平均のため、最大瞬間風速はその1・5~3倍以上になることもある。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング