産経フォト

核廃絶へ、市民連帯促す 長崎原爆74年、平和宣言

ニュース

核廃絶へ、市民連帯促す 長崎原爆74年、平和宣言

更新 sty1908090006
 長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典で放たれたハト=9日午前、長崎市の平和公園  長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典で放たれたハト=9日午前、長崎市の平和公園
 原爆投下時刻に合わせ黙とうする参列者=9日午前11時2分、長崎市の平和公園
画像を拡大する
 原爆投下時刻に合わせ黙とうする参列者=9日午前11時2分、長崎市の平和公園フルスクリーンで見る 閉じる

 長崎は9日、被爆から74年を迎え、長崎市松山町の平和公園で令和最初の「長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典」が営まれた。田上富久市長は平和宣言で「核兵器を巡る世界情勢はとても危険な状況」と懸念を示し、核廃絶に向け「声を上げよう」と市民社会に連帯を促した。さらに「日本は核兵器禁止条約に背を向けている」と述べ、広島市の松井一実市長が6日に訴えたのと同様、日本政府に同条約への署名、批准を求めた。

 市民ら約5200人が参列し、原爆投下時刻の午前11時2分に黙とうをささげた。続く平和宣言で田上氏は冒頭、17歳の時に長崎で被爆した山口カズ子さん(91)の詩を紹介。「核がもたらす生き地獄を繰り返してはならない」との被爆者の必死の思いを訴え、長崎を最後の被爆地にするとの強い決意を示した。

 安倍首相はあいさつで、核なき世界の実現に向けた努力を続けることは「わが国の使命」との決意を示したが、核禁止条約には触れなかった。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング