産経フォト

輸出規制、千品目に拡大か 韓国、化学・自動車も打撃

ニュース

輸出規制、千品目に拡大か 韓国、化学・自動車も打撃

更新 sty1907260008
 26日、ソウルの日本大使館前で日本製品の不買運動をする韓国の高校生ら(共同)  26日、ソウルの日本大使館前で日本製品の不買運動をする韓国の高校生ら(共同)

 日本政府が輸出管理で優遇措置を取っている「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正を8月2日にも閣議決定する方向で調整に入った。韓国政府は優遇措置の除外対象が半導体材料3品目から、電子部品や工作機械など「千品目以上」に拡大すると分析。半導体に次ぐ主要産業である石油化学製品や自動車の分野も打撃を受けると危機感を募らせている。

 26日、ソウルの日本大使館前で日本製品の不買を呼び掛ける韓国の高校生ら(共同)
画像を拡大する
 26日、ソウルの日本大使館前で日本製品の不買を呼び掛ける韓国の高校生ら(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 韓国の康京和外相は26日、河野太郎外相との電話会談で、措置撤回を改めて要求した。
 韓国側は世界貿易機関(WTO)の会合で繰り返し日本の措置を批判。今後、貿易自由化を話し合う東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉会合といった各種の国際会議の場を利用して、措置の撤回を求め、国際世論の支持を取り付けたい考えだ。文在寅政権の与党関係者は、2020年東京五輪にも影響が及ぶと警告している。(共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング