産経フォト

新体操団体代表が練習公開 五輪前哨戦の世界選手権へ

スポーツ

新体操団体代表が練習公開 五輪前哨戦の世界選手権へ

更新 sty1907240006
メディア公開で演技を披露する新体操日本代表フェアリージャパンPOLA団体の選手ら=24日、東京都北区の国立スポーツ科学センター(納冨康撮影) メディア公開で演技を披露する新体操日本代表フェアリージャパンPOLA団体の選手ら=24日、東京都北区の国立スポーツ科学センター(納冨康撮影)
メディア公開で演技を披露する新体操日本代表フェアリージャパンPOLA団体の選手ら=24日、東京都北区の国立スポーツ科学センター(納冨康撮影)
画像を拡大する
メディア公開で演技を披露する新体操日本代表フェアリージャパンPOLA団体の選手ら=24日、東京都北区の国立スポーツ科学センター(納冨康撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 開幕まで1年となった2020年東京五輪でメダル獲得を目指す新体操団体の日本代表「フェアリー(妖精)ジャパン」が24日、五輪前哨戦となる世界選手権(9月・バクー)に向け、東京都北区の国立スポーツ科学センター(JISS)で練習を公開し、ボールとフープ・クラブの計2種目の演技を披露した。

 日本は世界選手権と同じ会場で行われた4月のワールドカップ(W杯)バクー大会の団体総合で五輪5連覇のロシアなどを破って優勝。その後、2種目ともDスコア(演技価値点)を大幅にアップしたという。この日の練習はミスが目立ち、日本体操協会の山崎浩子強化本部長は「一つミスすると一気に崩れる。世界選手権までに実施力を高めたい」と話した。

 日本は既に開催国枠で東京五輪出場が決まっている。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング