産経フォト

小池が9秒98、日本歴代2位 陸上DL、桐生は10秒13

スポーツ

小池が9秒98、日本歴代2位 陸上DL、桐生は10秒13

更新 sty1907210005
 陸上ダイヤモンドリーグ第10戦の男子100メートル決勝で、日本歴代2位に並ぶ9秒98をマークして4位に入った小池祐貴。右は10秒13で7位の桐生祥秀=20日、ロンドン(共同)  陸上ダイヤモンドリーグ第10戦の男子100メートル決勝で、日本歴代2位に並ぶ9秒98をマークして4位に入った小池祐貴。右は10秒13で7位の桐生祥秀=20日、ロンドン(共同)
 男子100メートル決勝 レースに臨む4位に入った小池祐貴(右から2人目)。左から3人目は優勝したアカニ・シンビネ、右端は7位だった桐生祥秀=ロンドン(共同)
画像を拡大する
 男子100メートル決勝 レースに臨む4位に入った小池祐貴(右から2人目)。左から3人目は優勝したアカニ・シンビネ、右端は7位だった桐生祥秀=ロンドン(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 陸上のダイヤモンドリーグ第10戦第1日は20日、ロンドンで行われ、男子100メートル決勝で小池祐貴(住友電工)は日本歴代2位の9秒98で4位になり、日本人3人目の9秒台をマークした。前日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命)は10秒13で7位だった。
 小池は追い風0・5メートルの条件下、好スタートから先頭を争った。終盤も粘り、自己記録を0秒06縮めた。アカニ・シンビネ(南アフリカ)が9秒93で制した。

「ほぼ会心」で9秒台

 男子100メートル決勝 日本歴代2位の9秒98で4位になった小池祐貴(右端)。左端は9秒93で優勝したアカニ・シンビネ=ロンドン(共同)
画像を拡大する
 男子100メートル決勝 日本歴代2位の9秒98で4位になった小池祐貴(右端)。左端は9秒93で優勝したアカニ・シンビネ=ロンドン(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 100メートルで進境著しい小池が、強豪にも引けを取らない走りで9秒台に突入した。9秒台の記録を持つ選手が7人そろった決勝。最高峰シリーズでも「そこそこいい走りができるんじゃないか」と自信を示していた通りの鋭い動きで4位に食い込み、「10秒の壁」を突き破った。
 予選1組では号砲への反応時間がトップ。中盤まで先頭を争い、向かい風0・3メートルの中、10秒09で走った。決勝はさらに力強かった。好スタートから0・5メートルの追い風を受けて加速し、自己ベストを一気に0秒06更新。「ほぼ会心のレース」だった。

桐生、実力発揮しきれず

男子100メートル決勝で、日本歴代2位に並ぶ9秒98をマークして4位に入った小池祐貴(中央)。右は10秒13で7位の桐生祥秀=20日、ロンドン(共同)
画像を拡大する
男子100メートル決勝で、日本歴代2位に並ぶ9秒98をマークして4位に入った小池祐貴(中央)。右は10秒13で7位の桐生祥秀=20日、ロンドン(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 決勝で桐生は10秒13の7位に終わった。2017年世界選手権と同じ会場で行われた今大会。2年前はリレーのみの出場だった前日本記録保持者は予選を突破したものの、実力を発揮しきれなかった。
 予選2組はスタートで「つまずいてしまった」と言う。中盤以降は持ち直し、10秒16の4着で決勝に滑り込んだものの、決勝も持ち味の中盤からの加速がいまひとつ。隣を走る小池に突き放され、見せ場がなかった。

 男子100メートル決勝 日本歴代2位の9秒98をマークした小池祐貴(右から2人目)。右端は10秒13の桐生祥秀=ロンドン(共同)
画像を拡大する
 男子100メートル決勝 日本歴代2位の9秒98をマークした小池祐貴(右から2人目)。右端は10秒13の桐生祥秀=ロンドン(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 6月の日本選手権は2位。再起を期して欧州に渡ったが、今月9日のスイスでのレースは10秒21と伸び悩んだ。そこで参戦予定だった試合を回避し、スペインで走り込むことを選択。「いい感じできている」と手応えを口にしていたが、好記録は残せなかった。(共同)

 男子100メートル決勝 日本歴代2位の9秒98をマークした小池祐貴。奥は10秒13の桐生祥秀=ロンドン(共同)
画像を拡大する
 男子100メートル決勝 日本歴代2位の9秒98をマークした小池祐貴。奥は10秒13の桐生祥秀=ロンドン(共同)フルスクリーンで見る 閉じる
 男子100メートル決勝 日本歴代2位の9秒98をマークし、笑顔でポーズをとる小池祐貴=ロンドン(共同)
画像を拡大する
 男子100メートル決勝 日本歴代2位の9秒98をマークし、笑顔でポーズをとる小池祐貴=ロンドン(共同)フルスクリーンで見る 閉じる
 男子100メートル決勝 10秒13で7位だった桐生祥秀=ロンドン(共同)
画像を拡大する
 男子100メートル決勝 10秒13で7位だった桐生祥秀=ロンドン(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング