産経フォト

佐々木が6回無安打無得点 13奪三振、大船渡ベスト16

スポーツ

佐々木が6回無安打無得点 13奪三振、大船渡ベスト16

更新 sty1907180008
【高校野球・岩手県大会 3回戦 大船渡-一戸】4回、マウンドで吠える大船渡先発の佐々木朗希投手=花巻球場(撮影・土谷創造) 【高校野球・岩手県大会 3回戦 大船渡-一戸】4回、マウンドで吠える大船渡先発の佐々木朗希投手=花巻球場(撮影・土谷創造)
大船渡先発の佐々木朗希投手 =花巻球場(撮影・土谷創造)
画像を拡大する
大船渡先発の佐々木朗希投手 =花巻球場(撮影・土谷創造)フルスクリーンで見る 閉じる

 第101回全国高校野球選手権大会の出場を懸けた地方大会は18日、各地で試合が行われ、岩手では、最速163キロを誇る大船渡の佐々木が一戸との3回戦で6回参考記録ながら無安打無得点を達成した。チームは10-0で六回コールドゲーム勝ちし、ベスト16進出。

 佐々木は「4番・投手」で先発出場。6回を投げて四球の走者を1人出しただけで、毎回の13三振を奪った。最速は155キロだった。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング