産経フォト

「動く美術館」都大路進む 京都・祇園祭の山鉾巡行

ニュース

「動く美術館」都大路進む 京都・祇園祭の山鉾巡行

更新 sty1907170004
 大勢の人で賑わう山鉾巡行=17日午前、京都市下京区(彦野公太朗撮影)  大勢の人で賑わう山鉾巡行=17日午前、京都市下京区(彦野公太朗撮影)
 祇園祭前祭の「山鉾巡行」で、四条通を進む先頭の長刀鉾=17日午前、京都市
画像を拡大する
 祇園祭前祭の「山鉾巡行」で、四条通を進む先頭の長刀鉾=17日午前、京都市フルスクリーンで見る 閉じる

 京都・祇園祭は17日、見せ場となる前祭の「山鉾巡行」が行われ、豪華な装飾品で「動く美術館」とも呼ばれる山鉾23基が、都大路を堂々と進んだ。

 午前9時ごろ、祇園ばやしと「エンヤラヤー」の掛け声とともに、先頭を進む長刀鉾が出発。稚児の中西望海君(10)が、太刀で四条通に張られたしめ縄を切り落とすと、沿道の観客から大きな歓声が上がった。

 長刀鉾を先頭に御池通を巡行する山鉾 =17日午前、京都市中京区(永田直也撮影)
画像を拡大する
 長刀鉾を先頭に御池通を巡行する山鉾 =17日午前、京都市中京区(永田直也撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 四条河原町の交差点では、鉾を90度方向転換させる豪快な「辻回し」を披露。竹を車輪の下に敷き詰め水をまき、引き手の男性らが縄を引くと、鉾は音を立てながら向きを変えた。

 京都府警によると、午後0時半時点の人出は約12万人。

 平安時代に疫病退散を祈ったのが起源とされる祇園祭は、今年で創始1150年。後祭は18日から鉾建てが始まる。21~23日が宵山期間で、24日に巡行する。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング