産経フォト

アポロ11号よみがえる重責 打ち上げ50年、宇宙服公開

ニュース

アポロ11号よみがえる重責 打ち上げ50年、宇宙服公開

更新 sty1907170001
 米ワシントンのスミソニアン航空宇宙博物館で公開された、アポロ11号のアームストロング船長が月で着用した宇宙服=16日(AP)  米ワシントンのスミソニアン航空宇宙博物館で公開された、アポロ11号のアームストロング船長が月で着用した宇宙服=16日(AP)
 50年前にアポロ11号が打ち上げられた米フロリダ州の発射場を訪ね、当時を振り返るマイケル・コリンズさん(右)=16日(NASA提供、AP)
画像を拡大する
 50年前にアポロ11号が打ち上げられた米フロリダ州の発射場を訪ね、当時を振り返るマイケル・コリンズさん(右)=16日(NASA提供、AP)フルスクリーンで見る 閉じる

 1969年7月に初の有人月面着陸に成功した米国の宇宙船アポロ11号の打ち上げから16日で50年がたった。搭乗した3人の飛行士のうちの1人、マイケル・コリンズさん(88)が南部フロリダ州の発射場を訪れ、「ここに戻ってこられて素晴らしい気分だ。世界中から注目され、重責を感じた任務だった」と語った。

 首都ワシントンのスミソニアン航空宇宙博物館では同日、ニール・アームストロング船長(2012年死去)が人類で初めて月を歩いた時に着用した宇宙服が修復の上で公開された。

 アポロ11号でコリンズさんは、月を周回する司令船に残り、着陸船に移ったアームストロング船長とバズ・オルドリンさん(89)の月面着陸を見守った。発射場での米航空宇宙局(NASA)のインタビューで「孤独だったか」とよく聞かれるとし、「司令船は設備が整っていてコーヒーも飲めた。楽しい時間を過ごした」と話した。(ワシントン共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング