産経フォト

佐々木朗希が先発、2回をパーフェクト 大船渡がコールド発進

スポーツ

佐々木朗希が先発、2回をパーフェクト 大船渡がコールド発進

更新 sty1907160006
1回、投飛に手を挙げる大船渡・佐々木朗希=花巻球場(撮影・矢島康弘)  1回、投飛に手を挙げる大船渡・佐々木朗希=花巻球場(撮影・矢島康弘) 
大船渡先発の佐々木朗希=花巻球場(撮影・矢島康弘)
画像を拡大する
大船渡先発の佐々木朗希=花巻球場(撮影・矢島康弘)フルスクリーンで見る 閉じる

 プロ注目の163キロ右腕、大船渡・佐々木朗希投手(3年)が16日、第101回全国高校野球選手権大会の出場を懸けた岩手大会に登場した。
 初戦となった2回戦の遠野緑峰戦(花巻球場)に「4番・投手」で先発。この日の最速は147キロで、2回を無失点に抑えた。
 1回は遊ゴロ、投飛、空三振。2回は二ゴロ、空三振、右邪飛と、パーフェクト投球を披露。球数は19だった。打者としては、1回に先制の2点三塁打。10-0の3回に代打を送られ、ベンチへ下がった。大船渡は14-0の5回コールド勝ちで、順調に滑り出した。

大船渡先発の佐々木朗希=花巻球場(撮影・矢島康弘)
画像を拡大する
大船渡先発の佐々木朗希=花巻球場(撮影・矢島康弘)フルスクリーンで見る 閉じる
大船渡先発の佐々木朗希=花巻球場(撮影・矢島康弘)
画像を拡大する
大船渡先発の佐々木朗希=花巻球場(撮影・矢島康弘)フルスクリーンで見る 閉じる
1回、右に先制適時三塁打を放つ大船渡・佐々木朗希=花巻球場(撮影・矢島康弘) 
画像を拡大する
1回、右に先制適時三塁打を放つ大船渡・佐々木朗希=花巻球場(撮影・矢島康弘) フルスクリーンで見る 閉じる
1回、先制適時三塁打を放ち、塁上で笑顔を見せる大船渡・佐々木朗希=花巻球場(撮影・矢島康弘)
画像を拡大する
1回、先制適時三塁打を放ち、塁上で笑顔を見せる大船渡・佐々木朗希=花巻球場(撮影・矢島康弘)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング