産経フォト

稲葉監督が大学代表激励 16日から日米大学野球

スポーツ

稲葉監督が大学代表激励 16日から日米大学野球

更新 sty1907130007
 日米大学野球に向けた合宿で選手を激励する日本代表の稲葉監督=神奈川県平塚市  日米大学野球に向けた合宿で選手を激励する日本代表の稲葉監督=神奈川県平塚市

 野球の日本代表の稲葉篤紀監督が13日、日米大学野球選手権に向けて神奈川県平塚市で合宿中の大学日本代表を激励に訪れ、選手たちに「侍ジャパンの誇りを胸に自覚と責任感を持って、野球界を引っ張っていくという思いで戦ってもらいたい」と言葉をかけた。

 日米大学野球に向けた合宿で選手と記念撮影する日本代表の稲葉監督(中央)=神奈川県平塚市
画像を拡大する
 日米大学野球に向けた合宿で選手と記念撮影する日本代表の稲葉監督(中央)=神奈川県平塚市フルスクリーンで見る 閉じる

 自身も法大時代に大会に出場した経験があり「そこで自分のレベルを知るというのも自分のためになった。素晴らしい選手ばかりなので、これからもっともっと上を目指してもらいたい」と語った。

 日米大学野球選手権は16日に松山中央公園野球場で開幕し、5試合が行われる。合宿はこの日が打ち上げで、第1戦に先発する森下暢仁投手(明大)は「攻めるところはしっかり攻める。チームでまとまって全員で戦っていきたい」と抱負を語った。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング