産経フォト

大谷、南カリフォルニア日米協会から「国際市民賞」

ニュース

大谷、南カリフォルニア日米協会から「国際市民賞」

更新 sty1907120007
 南カリフォルニア日米協会から「国際市民賞」を受賞し、スピーチするエンゼルス・大谷翔平=11日、アナハイム(共同)  南カリフォルニア日米協会から「国際市民賞」を受賞し、スピーチするエンゼルス・大谷翔平=11日、アナハイム(共同)
 南カリフォルニア日米協会から「国際市民賞」を受賞したエンゼルス・大谷翔平(左)と近藤麻理恵さん=11日、アナハイム(共同)
画像を拡大する
 南カリフォルニア日米協会から「国際市民賞」を受賞したエンゼルス・大谷翔平(左)と近藤麻理恵さん=11日、アナハイム(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平は11日、アナハイムの本拠地エンゼルスタジアムで、片づけコンサルタントとして米国でも活躍中の近藤麻理恵さんとともに南カリフォルニア日米協会から「国際市民賞」を受賞した。

 同賞は日米関係に貢献した個人や企業に贈られ、自動車のインディカー・シリーズに参戦する佐藤琢磨(ホンダ)やドジャースのトミー・ラソーダ元監督らも過去に表彰を受けている。

 スーツ姿の大谷は壇上で「伝統と名誉のある賞を頂けて光栄。昨年以上の活躍ができるように明日以降また頑張っていきたい」と12日からの後半戦へ気持ちを新たにした。近藤さんは「一人でも多くの方が片づけを終わらせて、ときめく毎日を暮らせるような社会の実現に貢献したい」と語った。(アナハイム共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング