産経フォト

「同盟さらに強固に」 在日米海軍トップが交代

自衛隊・ミリタリー

「同盟さらに強固に」 在日米海軍トップが交代

更新 sty1907100012
 在日米海軍新司令官のブライアン・フォート少将(左)と握手する前任のグレゴリー・フェントン少将=10日、神奈川県横須賀市  在日米海軍新司令官のブライアン・フォート少将(左)と握手する前任のグレゴリー・フェントン少将=10日、神奈川県横須賀市
 在日米海軍の新司令官に就任し、交代式であいさつするブライアン・フォート少将=10日、神奈川県横須賀市
画像を拡大する
 在日米海軍の新司令官に就任し、交代式であいさつするブライアン・フォート少将=10日、神奈川県横須賀市フルスクリーンで見る 閉じる

 在日米海軍司令官の交代式が10日、米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)で行われ、ブライアン・フォート少将が新司令官に就任した。式終了後、記者団に「日米同盟をさらに強固なものにしていきたい」と述べた。
 フォート少将は、ハワイ管区司令官兼中部太平洋海軍水上艦群司令官などを歴任。日本での勤務は初めてとなる。
 2017年6月から司令官を務めたグレゴリー・フェントン少将は退役する。交代式のあいさつで、在任中に横須賀基地を拠点とするイージス駆逐艦が静岡県・伊豆半島沖で衝突事故を起こした際、海上自衛隊などが捜索したことに触れ、謝意を示した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング