産経フォト

関空特急の新型車両公開 来春導入、座席数1・5倍

鉄道

関空特急の新型車両公開 来春導入、座席数1・5倍

更新 sty1907100004
 報道陣に公開された、JR西日本が特急「はるか」に導入する新型車両=10日午前、大阪府東大阪市  報道陣に公開された、JR西日本が特急「はるか」に導入する新型車両=10日午前、大阪府東大阪市
 報道陣に公開された、JR西日本が特急「はるか」に導入する新型車両の内部=10日午前、大阪府東大阪市
画像を拡大する
 報道陣に公開された、JR西日本が特急「はるか」に導入する新型車両の内部=10日午前、大阪府東大阪市フルスクリーンで見る 閉じる

 JR西日本は10日、米原・京都と関西空港を結ぶ特急「はるか」に来年春をめどに導入する新型車両を報道陣に公開した。現行車両に連結して運行し、1列車当たりの座席数をこれまでの約1・5倍に拡大。訪日外国人客の増加に対応する。
 JR西によると、新型車両は271系で、白を基調とした現行の281系とほぼ同じデザイン。大型スーツケースが置けるスペースや、全座席にコンセントを設置した。多言語表示のディスプレーや、同社の在来線特急で初となる防犯カメラも付けた。

 特急「はるか」に導入する新型車両内の大型スーツケースなどが置けるスペース=10日午前、大阪府東大阪市
画像を拡大する
 特急「はるか」に導入する新型車両内の大型スーツケースなどが置けるスペース=10日午前、大阪府東大阪市フルスクリーンで見る 閉じる

 はるかは1日30往復しており、新型車両18両の導入により、全ての時間帯で9両編成での運行が可能になる。
 同社で車両設計を担当する林太郎課長は「車体構造の強化など、より安全性を向上させ、お客さまが快適に利用できる工夫も随所にある」と話している。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング