産経フォト

滝の大しめ縄張り替え 和歌山・熊野那智大社

伝統・文化

滝の大しめ縄張り替え 和歌山・熊野那智大社

更新 sty1907090006
 世界遺産・熊野那智大社で行われた大しめ縄の張り替え。増水のため、滝の落ち口から約50メートル上流で行われた=9日、和歌山県那智勝浦町  世界遺産・熊野那智大社で行われた大しめ縄の張り替え。増水のため、滝の落ち口から約50メートル上流で行われた=9日、和歌山県那智勝浦町
 世界遺産・熊野那智大社で行われた大しめ縄の張り替え。増水のため、滝の落ち口から約50メートル上流で行われた=9日、和歌山県那智勝浦町
画像を拡大する
 世界遺産・熊野那智大社で行われた大しめ縄の張り替え。増水のため、滝の落ち口から約50メートル上流で行われた=9日、和歌山県那智勝浦町フルスクリーンで見る 閉じる

 和歌山県那智勝浦町の世界遺産・熊野那智大社で9日、那智の滝に架かる大しめ縄が張り替えられた。14日の「那智の扇祭り(火祭)」を前にした恒例行事。
 例年は高さ133メートルの滝の落ち口で、白装束に烏帽子姿の神職らが水に漬かり、命綱を着けて作業するが、今年は増水していたため、落ち口から約50メートル上流で張り替えた。天候が回復すれば、いつもと同じ場所へしめ縄を移すという。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング