産経フォト

京都・祇園で5棟燃える 観光客人気の花見小路

ニュース

京都・祇園で5棟燃える 観光客人気の花見小路

更新 sty1907090002
 京都・祇園で火災があった花見小路通沿いの現場=9日午前10時5分  京都・祇園で火災があった花見小路通沿いの現場=9日午前10時5分
 一夜明けた京都・祇園の火災現場=9日午前
画像を拡大する
 一夜明けた京都・祇園の火災現場=9日午前フルスクリーンで見る 閉じる

 8日午後9時15分ごろ、京都市東山区祇園町南側の飲食店から「煙のような臭いがする」と119番があった。東山署や市消防局によると、飲食店など5棟計約625平方メートルが燃え、約3時間半後にほぼ消し止めた。けが人はいなかった。現場は高級料亭やお茶屋など伝統的な木造建築が立ち並び、観光客に人気の花見小路通沿いで、通行止めになった。

 消防車など20台以上が消火活動に当たり、夜の繁華街・祇園は騒然とした。焦げ臭いにおいが充満し、外国人観光客や芸舞妓らが心配そうな表情で見つめていた。

 現場近くのすし店で働く女性(20)は「火事に気付いて店外に出ると煙が立ち込めていて、目が痛かった。うちの店に燃え移らないといいが」と、ハンカチで口と鼻を押さえながら話した。

 府警と市消防局は9日、火元とみられる飲食店などを実況見分した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング