産経フォト

大谷が14号2ラン 平野は1回無失点

スポーツ

大谷が14号2ラン 平野は1回無失点

更新 sty1907080007
 アストロズ戦の3回、14号2ランを放ちカルフーン(右)に迎えられるエンゼルス・大谷=ヒューストン(AP)  アストロズ戦の3回、14号2ランを放ちカルフーン(右)に迎えられるエンゼルス・大谷=ヒューストン(AP)
 アストロズ戦の3回、勝ち越しの14号2ランを放つエンゼルス・大谷=ヒューストン(共同) 
画像を拡大する
 アストロズ戦の3回、勝ち越しの14号2ランを放つエンゼルス・大谷=ヒューストン(共同) フルスクリーンで見る 閉じる

 米大リーグは7日、各地で前半戦最後の試合が行われ、エンゼルスの大谷がヒューストンでのアストロズ戦に「3番・指名打者」でフル出場し、2-2の三回に14号2ランを放って6打数1安打2打点、1得点で1三振だった。安打は7試合連続。チームは延長十回、10-11でサヨナラ負けを喫した。

 ダイヤモンドバックスの平野はロッキーズ戦で5-0の七回に2番手で登板し、1回を1安打無失点、1三振だった。チームは5-3で勝ち、3連勝とした。

 ヤンキースの田中が選出されたオールスター戦は9日にクリーブランドで行われる。後半戦は11日にスタート。(ヒューストン共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング