産経フォト

障害ある男女「美」を競う ラミレス監督息子も参加、30日にコンテスト

ファッション

障害ある男女「美」を競う ラミレス監督息子も参加、30日にコンテスト

更新 sty1906280013
 プロ野球横浜DeNAベイスターズのアレックス・ラミレス監督とダウン症のある剣侍ちゃん(スペシャル・ビューティー・ジャパン提供)  プロ野球横浜DeNAベイスターズのアレックス・ラミレス監督とダウン症のある剣侍ちゃん(スペシャル・ビューティー・ジャパン提供)

 知的障害や発達障害のある若者たちが、おしゃれなメークやファッションに身を包み、自分の魅力を伝えるコンテストが30日、東京都内で開催される。プロ野球横浜DeNAベイスターズのアレックス・ラミレス監督の息子で、ダウン症のある剣侍ちゃん(4)が「アンバサダー(親善大使)」として参加。ラミレス監督は「子どもは誰でも、自分の才能を誰かに見てもらいたいものだ」と歓迎している。

 2018年のコンテスト(スペシャル・ビューティー・ジャパン提供)
画像を拡大する
 2018年のコンテスト(スペシャル・ビューティー・ジャパン提供)フルスクリーンで見る 閉じる

 コンテスト名は「スペシャル・ビューティー・ジャパン」。一般社団法人マイノリティー交流協会が主催し、今年で3回目。オーディションで選ばれた全国の知的、発達障害のある42人の若者が、美容専門学校の生徒にメーキャップされてステージに上がり、スピーチやパフォーマンスの美しさを競い合う。

 30日午後3時から、渋谷区の山野美容専門学校内「YAMANO HALL」で。入場券の購入は「スペシャル・ビューティー・ジャパン2019」のホームページから。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング