産経フォト

羽生結弦の特製カードも紹介 「ラグビーW杯、東京五輪機に被災地訪れて」ロンドンでイベント

イベント・祭典

羽生結弦の特製カードも紹介 「ラグビーW杯、東京五輪機に被災地訪れて」ロンドンでイベント

更新 sty1906260009
 25日、英ロンドンでのイベントで、フィギュアスケートの羽生結弦選手をデザインした「玉虫塗」のカードを紹介する佐浦みどりさん(右)(共同)  25日、英ロンドンでのイベントで、フィギュアスケートの羽生結弦選手をデザインした「玉虫塗」のカードを紹介する佐浦みどりさん(右)(共同)

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会や2020年東京五輪に合わせ、東日本大震災の被災地に外国人を呼び込もうと、英ロンドンで25日、伝統工芸などを通じて岩手、宮城、福島の3県から魅力発信を続ける企業関係者らが講演するイベントが開かれた。(共同)

 講演で「玉虫塗」について説明する佐浦みどりさん(中央)=25日、ロンドン(共同)
画像を拡大する
 講演で「玉虫塗」について説明する佐浦みどりさん(中央)=25日、ロンドン(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 復興庁の主催で、この日に加えて26日と7月1、2日の計4日間行われる。
 25日は、つややかな発色と光沢が特徴の伝統工芸品「玉虫塗」の製造会社、東北工芸製作所(仙台市)の常務、佐浦みどりさんが講演。震災で打撃を受けた玉虫塗の製造、販売が、海外に目を向けることで復活を遂げ、同社が東京五輪の大会公式商品を製造するまでの経緯を語った。

 佐浦さんは会場の聴衆約30人に「元気になっている被災地を皆さんがぜひ訪れてほしい」とアピール。玉虫塗のワインカップや、仙台が地元で、フィギュアスケート男子で五輪を連覇した羽生結弦選手をデザインした特製のカードを紹介した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング