産経フォト

ロシア爆撃機が領空侵犯、沖縄と八丈島で 空自戦闘機がスクランブル

自衛隊・ミリタリー

ロシア爆撃機が領空侵犯、沖縄と八丈島で 空自戦闘機がスクランブル

更新 sty1906200011
 領空侵犯したロシアの爆撃機=20日午前(防衛省提供)  領空侵犯したロシアの爆撃機=20日午前(防衛省提供)
 領空侵犯したロシアの爆撃機=20日午前(防衛省提供)
画像を拡大する
 領空侵犯したロシアの爆撃機=20日午前(防衛省提供)フルスクリーンで見る 閉じる

 防衛省は20日、ロシアの爆撃機が同日午前、沖縄県・南大東島と東京都・八丈島付近で領空侵犯したと発表した。航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)して対応。危険な行為はなかったという。同省は、ロシアの意図を詳しく分析している。
 防衛省によると、爆撃機2機が南大東島付近で日本の領空に入った後、太平洋側を北上。うち1機が八丈島付近で再び領空侵犯した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング