産経フォト

区役所で漫画、アニメ紹介 東京・豊島区で11月まで

イベント・祭典

区役所で漫画、アニメ紹介 東京・豊島区で11月まで

更新 sty1906180011
 区役所本庁舎内で開催している「マンガ・アニメ区役所」=東京都豊島区  区役所本庁舎内で開催している「マンガ・アニメ区役所」=東京都豊島区

 区役所で漫画とアニメを紹介-。5月から11月の間、東京・豊島区役所は「マンガ・アニメ区役所」と銘打って、本庁舎4階で漫画やアニメについての企画展を実施している。

 日中韓の文化交流事業「東アジア文化都市2019豊島」の一環。多くの漫画家を輩出したアパート「トキワ荘」や、女性向けのアニメグッズを扱う店舗が密集する「乙女ロード」など、豊島区がサブカルチャーの発信拠点であることをアピールする。

 展示は、廊下スペースの壁面を活用している。漫画の複製原画やアニメのセル画、関連資料をじっくりと見てから後ろを振り返ると、高齢者福祉課、子育て支援課などの職員が黙々と働く光景が広がっており、なんともユニークだ。

 チェン・シー「The Poem 大寒」の一場面
画像を拡大する
 チェン・シー「The Poem 大寒」の一場面フルスクリーンで見る 閉じる

 現在は、日中韓の3人の作家を特集する「日本・中国・韓国のマンガ・アニメ作家たち」(27日まで)と、職業や歴史などが「学べるマンガ」として選ばれた作品を紹介する「これも学習マンガだ!展 マンガで学ぶ11の世界」(7月31日まで)を開催中。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング