産経フォト

星野が高級温泉旅館開業へ 別府、ホテル競争激化

ニュース

星野が高級温泉旅館開業へ 別府、ホテル競争激化

更新 sty1906140013
 星野リゾートが大分県別府市に開業する「界 別府」のロビーのイメージ  星野リゾートが大分県別府市に開業する「界 別府」のロビーのイメージ

 星野リゾート(長野県軽井沢町)は14日、有名温泉地の大分県別府市に高級温泉旅館「界 別府」を2021年春ごろに開業すると発表した。和の雰囲気を味わえる内装にし、外国人旅行者の宿泊客も取り込む戦略だ。

 高級温泉旅館「界 別府」の開業を発表し、握手する建築家の隈研吾さん(右)と星野リゾートの星野佳路代表=14日午後、大分県別府市
画像を拡大する
 高級温泉旅館「界 別府」の開業を発表し、握手する建築家の隈研吾さん(右)と星野リゾートの星野佳路代表=14日午後、大分県別府市フルスクリーンで見る 閉じる

 別府市では英国インターコンチネンタルホテルズグループ(IHG)の高級ホテルが今年8月1日にオープンするなど、宿泊施設の進出が相次ぐ。迎え撃つ老舗の「別府杉乃井ホテル」は400億円超を投じて大規模改装を進める計画で、顧客獲得競争が激化しそうだ。
 「界 別府」は12階建てとなり、20年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場を手掛けた建築家の隈研吾さんがデザインする。別府湾を一望できる場所に設け、計70の客室のうち30室弱に露天風呂を併設する。宿泊料金は1人当たり1泊2万5千~4万円程度を想定している。

 

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング