産経フォト

【路上感撮】“平成遺産”!? ゼブラ信号

自然・風景

【路上感撮】“平成遺産”!? ゼブラ信号

更新 sty1906130001
背面板のついた信号 =前橋市(桐山弘太撮影) 背面板のついた信号 =前橋市(桐山弘太撮影)
背面板のついた信号 =前橋市(桐山弘太撮影)
画像を拡大する
背面板のついた信号 =前橋市(桐山弘太撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 前橋市内を運転中に赤信号で停車すると、初めて目にするデザインの信号機に驚いた。3色のランプの後ろに緑と白のシマウマ(ゼブラ)模様の鉄板が取り付けられている。

 管理する群馬県警によると、後方の板は「背面板」と呼ばれ、直射日光で運転手がまぶしい箇所や信号機同士が近い場合に見間違うのを防ぐ効果があるという。

 近年、信号機は白熱電球から悪条件でも見やすい発光ダイオード(LED)への移行が進む。同県警では新たに設置するものに背面板を付ける予定はなく、“平成遺産”の一つになりそうだ。(写真報道局 桐山弘太) 

☆「路上感撮」全編は 【コチラから】    

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング