産経フォト

公式キャラが古墳群を一望 世界遺産登録応援で、奈良

遺跡・建造物

公式キャラが古墳群を一望 世界遺産登録応援で、奈良

更新 sty1906120016
 百舌鳥・古市古墳群を眺めながら世界文化遺産への登録を応援するイベントで、望遠鏡をのぞき込むハニワ課長(左)と雪丸=12日午後、奈良県王寺町  百舌鳥・古市古墳群を眺めながら世界文化遺産への登録を応援するイベントで、望遠鏡をのぞき込むハニワ課長(左)と雪丸=12日午後、奈良県王寺町

 奈良県王寺町の明神山(274メートル)で12日、王寺町と堺市の公式キャラクターが、百舌鳥・古市古墳群(大阪府)を眺めながら世界文化遺産への登録を応援するイベントがあった。

 百舌鳥・古市古墳群を眺めながら世界文化遺産への登録を応援するイベントに登場した雪丸(左)とハニワ課長=12日午後、奈良県王寺町
画像を拡大する
 百舌鳥・古市古墳群を眺めながら世界文化遺産への登録を応援するイベントに登場した雪丸(左)とハニワ課長=12日午後、奈良県王寺町フルスクリーンで見る 閉じる

 聖徳太子の愛犬をモチーフにした王寺町のマスコット雪丸が、百舌鳥・古市古墳群のPR活動をしているハニワ課長に、山頂から古墳群を見晴らせると紹介。

 いつも古墳群を間近から見ているというハニワ課長は、望遠鏡越しの仁徳天皇陵古墳を興味深そうにのぞき込み「離れた明神山から見て改めて荘厳な姿に感激。他にも古墳群を見渡せる場所があれば土器土器いや、どんどん教えて」と喜んだ。

 明神山は大阪府との境にあり、法隆寺や東大寺などの世界遺産、比叡山、あべのハルカスを一望できる。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング