産経フォト

八ツ場ダムほぼ完成 地方整備局が記念式典

ニュース

八ツ場ダムほぼ完成 地方整備局が記念式典

更新 sty1906120008
 群馬県長野原町の八ツ場ダム=12日午前9時48分(共同通信社ヘリから)  群馬県長野原町の八ツ場ダム=12日午前9時48分(共同通信社ヘリから)
 本体工事がほぼ完成した群馬県長野原町の八ツ場ダム=12日午前9時48分(共同通信社ヘリから)
画像を拡大する
 本体工事がほぼ完成した群馬県長野原町の八ツ場ダム=12日午前9時48分(共同通信社ヘリから)フルスクリーンで見る 閉じる

 群馬県長野原町で建設中の八ツ場ダム本体工事が計画から70年近くを経てほぼ完成したのを記念し、国土交通省関東地方整備局は12日に式典を同町内で開いた。今後試験的に水をためて健全性を確認するなどして、2020年3月に完成を目指す。

 同県の大沢正明知事は「政権交代による一方的な建設中止表明があったが、地元をこれ以上苦しめてはいけないとして撤回させた。生活再建にしっかり取り組む」とあいさつ。同町の萩原睦男町長は「県の宝として、みんなに愛されるダムに成長してほしい」と祝辞を述べた。

 群馬県長野原町の八ツ場ダムを見学する群馬県の大沢正明知事(左)と埼玉県の上田清司知事=12日午前
画像を拡大する
 群馬県長野原町の八ツ場ダムを見学する群馬県の大沢正明知事(左)と埼玉県の上田清司知事=12日午前フルスクリーンで見る 閉じる

 八ツ場ダムは国が1952年に調査を開始した。住民は当初激しく反対したが、高台の代替地に集団移転する生活再建案を受け入れ、94年に周辺工事が始まった。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング