産経フォト

代表ユニホーム姿で町議会 福島・楢葉、なでしこ応援

ニュース

代表ユニホーム姿で町議会 福島・楢葉、なでしこ応援

更新 sty1906120005
 サッカー日本代表のユニホーム姿で、福島県楢葉町議会に臨む議員=12日午前  サッカー日本代表のユニホーム姿で、福島県楢葉町議会に臨む議員=12日午前

 サッカーの女子ワールドカップ(W杯)フランス大会に出場している日本代表「なでしこジャパン」が大会前に合宿を行った福島県楢葉町で、チームを応援しようと議員や職員が12日、代表のユニホームを着て定例議会に出席した。

 サッカー日本代表のユニホーム姿で福島県楢葉町議会に臨む議員ら=12日午前
画像を拡大する
 サッカー日本代表のユニホーム姿で福島県楢葉町議会に臨む議員ら=12日午前フルスクリーンで見る 閉じる

 なでしこジャパンは今年2月、楢葉町と広野町にまたがるサッカー施設「Jヴィレッジ」で強化合宿を実施。男女を通じ同施設をフル代表が利用するのは東日本大震災後初めてだった。

 青木基議長は「サッカーの聖地Jヴィレッジが立地している町として大々的に応援し、なでしこジャパンを盛り上げたい」と議会開始前に記者団に話した。議員や幹部職員らはシャツの上に日本代表のユニホームを着て続々と議場入りし、冒頭に青木議長が応援の言葉を述べた後、通常通り町政について議論した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング