産経フォト

夏の風情 つり下げて 「つりしのぶ」出荷最盛期、兵庫・宝塚

自然・風景

夏の風情 つり下げて 「つりしのぶ」出荷最盛期、兵庫・宝塚

更新 sty1906110009
出荷が最盛期を迎えている夏の風物詩「つりしのぶ」 =兵庫県宝塚市(彦野公太朗撮影) 出荷が最盛期を迎えている夏の風物詩「つりしのぶ」 =兵庫県宝塚市(彦野公太朗撮影)
出荷が最盛期を迎えている夏の風物詩「つりしのぶ」 =兵庫県宝塚市(彦野公太朗撮影)
画像を拡大する
出荷が最盛期を迎えている夏の風物詩「つりしのぶ」 =兵庫県宝塚市(彦野公太朗撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 軒先につるして涼を演出する「つりしのぶ」の出荷が、最盛期を迎えている。

 つりしのぶは、肥料を混ぜた直径9~80センチの球状の土台に、シダ植物のシノブグサや野生ランを植えて製作。南部鉄器製の風鈴をさげると、涼やかな音色が響く。

 兵庫県宝塚市の「つりしのぶ園」では、7月中旬までに約1万個を出荷する。園主の市原誠さん(73)は「夏の風物詩なので、日陰につるして涼感と風情を楽しんでほしい」と話している。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング